管理能力の高い人材がほしい2013年4月16日   【資格・教育


経営者として最初に欲しいと思う人材は、特殊な技術を持ち、売上向上に貢献してくれる人です。そんな簡単には見付かりませんが、たまにヒットすると、社内の活性化にもつながるので、少しくらいお金を掛けてでも探します。しかし、特別な技術を持つことで重宝されると、その人以外は誰もその業務の代わりができないため、段々と態度が横柄になり、勝手なことをしはじめます。周囲もこれに同調するので、一度良くなった社内の雰囲気が、悪い方向へ流れ出します。これを防ぐために、特別な技術を持った人材が、ある程度活躍してくれたら、他部署の人間に業務を教えるようにします。売上が下がることを覚悟で、別の人材を育成します。この育成を評価の尺度とするため、特別な技術だけではなく管理能力も高めていくようになります。どんなに管理能力が高くても、周囲からは不平や不満は出るので、これに対応できる人材になってほしいと願っています。おそらく本人も単なる技術屋で一生を終わるよりは、管理能力が高くなることで、組織を運営する喜びを味わえる方が嬉しいのだと思います。色んな本を読んだり、セミナーに参加するようになって、メキメキと実力を伸ばしています。
次に心配なのは、せっかく育成した人材が会社を辞めることです。疲れ果てて辞めるのか、新たな目標を持って辞めるのか、社内の人間関係がイヤになって辞めるのか。理由は何であれ、会社にとっては痛手です。気付いてみると、何も成長せずにボーっと過ごしてきた人材や、自分よりも出来る人材に嫌がらせをして辞めさせてきた意地の悪い人材しか残っておらず、会社は衰退してしまうことになります。どうにか優秀な人材を残していきたいのですが、優秀な人材ほど他でも通用するので辞めてしまいます。他で通用しないような人材だけが残ります。結局は残った人材で勝負しなければならないので、この残った人材を管理できる人材が必要となります。可能であれば、少し過激なくらいの人材が必要です。そしてその新たな管理者には、自身の代行を務めることのできる人材を育成してもらいます。残っていた人材の中から、相性の合う相手と仕事をしてもらい、管理能力の高い人材を増やしていきます。そこにも選ばれず、組織にとってネガティブな言動を続ける職員には、残念ながら退社してもらいます。「それだけ高い能力があるなら他でもっと活躍できるはずだ!」と激励し、モメないようにスマートに退社してもらいます。
そして話は最初に戻り、また特殊な技術を持つ人材を探し、管理能力を高めてもらって・・・

江東区のパソコン教室に毎日通う2012年9月21日   【資格・教育


自宅周辺か会社帰りに通えそうなパソコン教室を探したいと思い、江東区のパソコン教室をインターネットを使ったりして調べてみました。すると丁度会社から帰る途中の住吉駅にメディアックパソコンスクール住吉教室という激安のパソコン教室を発見して、入会しました。

今まであまり聞いたことのないスタイルのパソコン教室で、好きな時に毎日通ってもOKでなんと月謝が3000円だけ。後で色々と売込まれたりテキストがとても高かったりするのではないのかと思いましたが、そんなことも一切ないとても感じのよいパソコン教室さんでした。よく高いパソコンを売込まれたりすることがあるようなのですが、もう半年以上経ちますが売り込まれたことは一度もありません。

自分のタイミングで習いに行けて、教え方もとても上手だなと思います。市販のテキストを何度見てもさっぱり理解できなかった私でも理解できるので、江東区のパソコン教室をお探しの方にはお勧めです。他のパソコン教室にも1度通ったことがあるのですが、あまり詳しくないのか教え方がうまくないのか、いつも分かったような分からないような感じで続かなかったのですが、メディアックさんではいつも分かりやすいので楽しく通えています。住吉は、都営新宿線と半蔵門線が通っているので、沿線でパソコン教室をお探しの方にもお勧めだと思いますよ。

速読法で効率的な情報収集を。2012年9月18日   【資格・教育


企業の重要資源として例えられるヒト、モノ、カネ、そして情報というものがあります。以前までは先の3つまでだったのですが、新たに情報が加えられました。それほど企業にとって情報はとても重要であります。また、もちろん情報を持った人材を企業が求めるということも当然言えるわけです。多くのビジネスパーソンが様々な手段で日々情報を頭に叩き込んでいることでしょう。

新聞を毎朝読む人、インターネットで情報収集する人、本や雑誌などを通勤時間に読む人など情報収集の手段は様々なものだと思います。そして、これらには共通することがあります。それは「読む」ということです。読むという行為を効率的、速く行えたなら情報収集はより多くできるようになり、ビジネスパーソンとしての価値が上昇することに繋がります。また、多くの人は情報収集する時間を獲得することが困難であり、これができるようになることが課題だといえます。そして、これをできるようになる方法を速読法といいます。

速読法を習得するためには視野を広げたりするなどの目の訓練が必要です。また、理解を深めたり情報を深めたりするなどの脳の訓練も必要と言われています。したがって速読法はただ速く読めば良いということではないため、専門書などの助けが必要です。

アメリカでの玄関事情2012年7月16日   【資格・教育


英語の勉強の他にも、生活習慣の違いについて留学前にいろいろと調べていると思います。ですが調べるだけではちょっと不十分かも・・・のお話です。

アメリカの家と日本の家とで決定的に違うことの一つは玄関でしょう。よく知られているように、欧米の家にも日本の玄関にあたる場所がありますが、靴を脱ぐ習慣はありません。外で履いていた靴はそのままリビングルームやベットルームでも履いたままですし、むしろ靴を脱ぐことは裸になるような行為とされ、よほどのことがない限り要求されません。ただ、ウェストコーストでは靴を脱ぐ習慣があるようですし、徐々に靴を脱ぐ家庭は広がっているようです。

私がお世話になったホームステイ先は靴を脱がない派でした。私は靴を脱がない行為はすぐに慣れると思っていましたが、想像以上にストレスが溜まり困りました。全然疲れがとれないのです。ただでさえ言葉の壁というストレスにさらされるのに、靴を脱がないで過ごすことの身体的なストレスは余計です。

<心得その7>
留学が近くなってきたら、新品の靴を買うか洗うなどして、自宅で靴を履いたまま過ごした方がいいです。靴を脱がないで過ごすことに慣れておくことをおすすめします。

韓国語を勉強しながら交通事情も覚える2012年7月10日   【資格・教育


せっかく韓国語を覚えているのですから、ついでに韓国の交通事情も知っておきたいな。

◆道路について

車は右側通行、人は左側通行です。アメリカと同じで日本とは逆です。信号がない場所や十字路などで車を確認するとき、日本では「右、左」というように、まず右方向から車が来ないか確認すると思いますが、韓国では「左、右」の順で確認しないと危険ですよ。

ちなみに韓国の車の運転は荒いと思います。タクシーやバスなどの公共の乗り物でもスピード出てますし、荒い運転です。一般車に負けていません。追い越したりします(苦笑)。

ソウルの市内中心部は車道の幅が広く、片側で5~6車線あります。私は初めて横断歩道を渡ったとき、大っき~ぃ!と驚いたのと同時に、信号の点滅が超短いのでビックリしました。驚くのは後にして素早く渡ってくださいね。大通りには横断歩道が少なく、代わりに地下歩道があります。

◆タクシーについて

街のあちらこちらにタクシー乗り場がありますが、日本と同じく道端に立って手を挙げても止まってくれます。

韓国のタクシーは一般タクシーと模範タクシー(黒い車体に金色の文字でDELUXEと書かれています)、大型タクシーにわかれています。また日本語や英語などの外国語を喋ることができるドライバーが運転する、ソウル市公式指定タクシー「インターナショナルタクシー」というものもあり、料金は高くなりますが、安心料も入っていると思えばお勧めです。

ちなみにタクシーの扉は自動ドアではありません。お客が自分で扉をあけます。相乗りが常識です。

ビジネス英会話スクールと口コミサイト2012年6月8日   【資格・教育


ビジネス英会話を習おうとするきには口コミは役にたちます。大手の英会話教室にいくか、町の英会話教室に通うかしかありませんが、受講料が非常に高額であったり、通学が非常に難しかったりしてハードルが非常に高いです。そのような時にビジネス英会話をマスターする為に役立つには口コミよる情報です。現在では、口コミという言葉が日常的に使われるようになりましたが、友達どうしで交わされる情報交換などリアルなものからインターネット上の口コミサイトやヤフーの情報板に投稿されるものなど沢山あります。特にインターネットで何かを検索すれば検索ページの上位に口コミサイトがずらりと並びます。ですから、ビジネス英会話を学ぼうとする時に、このような口コミを利用することで効率よく自分が必要な情報が手に入ります。つまりビジネス英会話をマスターする為に必要な英会話スクールや教材や優秀な英会話講師を探す事ができます。しかし、この口コミを使用してビジネス英会話の情報を得る時には、その口コミが本当に自分に取って有益であるか自分でよく吟味することは勿論として、その豊かなビジネス英会話についての豊かな情報に溺れない事が必要です。そして、その情報がビジネス英会話スクールの業者や教材業者の自らが自作自演したものでないかをよくよく慎重に考える必要があります。

TOEICのリスニング久しぶりにうける。2012年6月3日   【資格・教育


かなり久しぶりのTOEICリスニング試験の試験日がいよいよ再来週に迫ってきました。
2001年(平成13年)英検のリスニング依頼ですね。。
TOEICのリスニングは本当に難しい/
英検3級は一次試験は突破したものの2次試験の面接で失敗したんだよな。
その事からもTOEICリスニングは突破したい。
実は英検準2級も検討していたけど英検よりも
受験者が多くなっているTOEIC受験を決断。
リスニング対策をガッツリ勉強中。
英検は相当頑張らないといけなかったので今回は見送りました。
TOEICのリスニングは文法とかは日常的だし
それで日常的な文章が主体でTOEICよりも問題数が少なくて済むし。
でもTOEICのリスニングは問題をやればやるほど意外と難しくて、
知らない聴き取れない単語が多かったです。
TOEICのリスニングを2~3度繰り返して、
語彙もノートに書いて記憶に残るようにしました。
これで、英検よりも、TOEICのリスニングで成果が出たら嬉しいな。
はたして今回のTOEICのどれだけ覚えているでしょうか?
なので今回のリスニングはほぼ実力勝負となりそうです。
受験して苦手な分野を見つけてこれからの課題にしていきたいと思います。